Mjusui's Blog

属人化は悪いこととは限りません

Mjusui's Blog by Mjusui is licensed under CC BY-SA 4.0

できる人は自力で習得し、できない人は他人に要求します

属人化は悪いこととは限りません

投稿: 2020-08-17T23:40:14.139Z

できない人ほど、何でもかんでもドキュメントに残せ、情報共有しろと言う割に、結局は読まないか、読んでも分からないといって、すぐ人に聞くことになります。属人化を糾弾するくせに、他人の仕事に興味を持って、自分で憶えようともしません。人に聞くのは悪いことではありませんが「俺に分かるように書かれてないのが悪い」というようなことを平気で言う人がいます。それは、あなたに理解力が足りないだけではないでしょうか?

ドキュメントを書くにも、それなりに工数がかかります。場合によっては実作業よりもかかることもあります。たしかに100人のチームでドキュメントを書けば、99人が必要な情報にスムーズにアクセスできるようになり、価値があります。しかし、5人以下のチームでは、ドキュメントを書いてもせいぜい4人にしか情報共有できません。後から新しく95人がチームに参加する予定でもあるなら別ですが、チームの規模が小さいうちは、ドキュメントを残すことの効果はむしろ低いです。情報共有に工数をかけても割に合わないのです

そもそもIT業界において、ドキュメントというのは補助的な役割しかありません。ソフトウェアの動作は、最悪コードを読めば解読できるし、仕様もユーザの気持ち次第で明日には変わっていることが多いです。書かれた情報の有効期限は非常に短いので、プロダクトの変化に合わせて副次的な情報を更新していく作業は、非効率で二度手間と言わざるを得ません

世界中の人が利用するOSSであれば、公式のドキュメントは何千、何万といった人から読まれることになりますが、まだ開始したばかりの無名のプロジェクトでは、書いたドキュメントは読まれないばかりか、その情報はすぐに古くなり使えなくなります。そんな中でドキュメントを揃えることに異常に執着するような人は害悪になります。チームがその時、本当に取り組むべき課題を遅れさせ、プロジェクトを頓挫させてしまうからです

この情報共有を絶対視して、属人化を徹底的に排除する風潮は、おそらく人的リソースを売買するSESや業務委託契約を逆手に取って、安くて何でも言うことを聞く人員を求めて、頻繁に人を入れ替える会社が増えたことが要因でしょう。こういう現場では年中、業務の引き継ぎが行われるので、特定の人に知識やスキルが偏っていることは、人員の買い手からすると都合が悪いのです。能力のある人に支えられていたプロジェクトを、能力が低く安い人員に落とし込むことを仕事にしている人もいますから、この業界は本当にたちが悪いですね

できない人ほど、理解できないことがあるたび不安になり「俺は不安で不安でしょうがないから、早く俺の不安を解消しろ!」と言って、割に合わない要求を突きつけて、他人に当り散らします。こういうエンジニアには絶対になりたくないし、こういう人は甘やかすとつけあがるので、毅然とした態度で臨むべきでしょう