Mjusui's Blog

新卒も中堅も皆、会社での目標設定のしかたを間違えていると思う

Mjusui's Blog by Mjusui is licensed under CC BY-SA 4.0

目標って何?

新卒も中堅も皆、会社での目標設定のしかたを間違えていると思う

投稿: 2020-08-06T01:28:30.863Z

新卒の頃は目標設定って何書けばいいの? と良く分かっておらず、毎回ポエムをテキトーに書いて提出していたのですが、最近その答えが自分なりにまとまってきたので、書いていきます

そもそも目標とは何か? これを理解するには、組織とは何か? をまず理解しなければなりません。組織に所属して仕事をする以上、その組織が健全な事業を行い、社会に貢献し、事業を継続してもらわなければなりません。そして、組織が社会に貢献した結果として、事業を継続する元手となる利益を得ることができます

この利益をいくら上げないと事業が継続できないから、これだけ利益を上げることを目標にしましょう、というのが組織全体の目標になります

では、その組織に所属する個人の目標はというと、組織の目標から逆算して立てる必要があります。極端に言うと、組織の目標とする利益の額を社員で割った額が、あなたの生み出すべき(目標とすべき)利益の額になります

ところが、この個人の利益というのは、実は計測不可能です。組織全体の営業利益は決算報告書で確認できますが、その利益のうち自分は何%に貢献しているか? これを算出することはできません。本来であれば、組織の中で働く一人ひとりが一事業者であり、他の個人と価値交換をしているはずなのですが、組織内部のやりとりでAさんの仕事をいくらで仕入れて、Bさんに売る、みたいな勘定をしている人はいませんね

ですが、この個人が創出した利益(仕事の価値といってもいいかもしれません)を近似的に示すKPIを作ることはできます。たとえば営業であれば、自分の顧客からの売上額で近似できるし、開発エンジニアであれば、自分の開発した機能を使った顧客の売上額とか、営業から個別対応の依頼をされたら、その案件で上がった利益の50%は営業ではなく自分の上げた利益としてカウントしておくとか、工夫できますね

直接、顧客に関わらない役割であれば、社内の何人の人からの仕事を解決したか、自分の深く関わった人がいくらの利益を上げたか、などで間接的に自分が上げた利益に近い数値を算出することができます

そういった組織内部の見えない価値交換を、自分なりに洞察してみて自分は「社内の誰々さんに、こういう価値を提供する」という感じに目標を立てると、単なるポエムに終わらない目標設定ができます。自分の中から出てくるものというよりは、自分の外、つまり他者から求められる価値にどう応えるか、ここに目標設定のポイントがあります